唐突な歯の痛みは歯医者で治療|歯科矯正で歯並びバッチリ改善

歯科

発音に関わる症状の治療

歯医者

歯列の悪さによって審美性の悪さ以外にも、さまざまな弊害が現れる症状もあります。すきっ歯や受け口と呼ばれる症状がこれに当てはまり、発音による障害や虫歯、かみ合わせの悪さから顎の力の低減といった症状が現れるようになるのです。すきっ歯となれば、歯列に隙間が現れてしまうので、発音の際に空気が抜けてしまうことで言葉が聞き取りづらくなってしまいます。受け口の歯は下顎の歯が上顎の歯よりも飛び出てしまう状態となるので、発音を行なう際に舌の動きを阻害し、発音がしづらくなってしまうのです。東京などにある矯正歯科では、こうした症状に対して効果の高い治療法を行ないます。歯並びの悪さによって言葉が聞き取りづらい場合、対人コミュニケーションにも大きな影響が及ぼされてしまいます。人との会話に何らかのコンプレックスを持っている場合、東京の矯正歯科での治療を受けてみましょう。

東京の矯正歯科では、すきっ歯に対して金属ブラケットを使用します。歯を固定するブラケットにワイヤーを通すことで、歯全体を矯正し歯の隙間を埋めることができるのです。金属ブラケットは見た目として目立つものとなるので、治療を受けることに抵抗を覚える人もいるでしょう。そこで東京の矯正歯科では、透明で目立ちにくいマウスピースを使用することもあります。金属ブラケットに比べやや効果に劣るものの、透明な見た目であることから自然な見た目となれるので、多くの人が利用している治療法なのです。受け口に対する治療では、叢生と同じく顎に取付ける床拡大装置を使用します。上部の顎のスペースを広げることで、上下のバランスを整えて改善させることができるのです。