唐突な歯の痛みは歯医者で治療|歯科矯正で歯並びバッチリ改善

歯科

治療を希望される症状

笑顔

京都などにある矯正歯科では、治療によって歯並びを美しい状態に改善させることができます。歯並びの悪さにはそれぞれ種類がありますが、多くの人に見られる症状として、出歯と叢生の2つが挙げられます。出歯の状態となると、前歯が外向きに生えてしまうことから、見た目の様子が悪く見られてしまいます。出歯は幼少期の指しゃぶりや爪噛みといったクセや、顎の骨格の歪みによって現れるものです。唇が歯に押し上げられてしまうので、口元が盛り上がっている人や、口が常に開いてしまう状態となり、口臭や虫歯の原因となるドライマウスに罹る人も多くいるのです。叢生では、主に上部の前歯が下列の前歯よりも突き出てしまう症状です。永久歯の大きさと顎の大きさによるアンバランスさがこうした症状を生み、歯の見た目がでこぼことした不揃いな状態となります。歯同士の隙間が大きいことから虫歯にかかるリスクが大きいとされているので、健康的な歯を維持したい場合は矯正歯科での治療を受けましょう。京都の矯正歯科では、それぞれの症状に合わせた治療法を選択するので、治療を受けることでそれぞれの症状に悩む人にも満足いく結果が得られるでしょう。

京都の矯正歯科では、出歯に対して金属ブラケットの利用を行ないます。金属ブラケットで歯列を固定することで、飛び出た歯並びを徐々に適正な位置へと戻すことができるのです。叢生による問題では、小さい顎に大きな歯が生えることでのバランスの悪さが原因であるため、京都の矯正歯科では口腔内のスペースを広げる治療法を行ないます。拡大床と呼ばれる装置を使用することで、歯の生えるスペースを広くすることで叢生によるでこぼこを改善させることができるのです。どちらの治療法でも、治療器具を人に見られないように設置することができるので、見た目にもほとんど変化なく治療を行なうことができるでしょう。